« 2019年10月 | トップページ

2019年11月

自分が亡くなったら財産を相続できるのは誰?

 ■自分が亡くなったら財産は誰のものに・・・??

(1)遺言書がある時・・・遺言書に書かれた内容で家族(相続人)が財産を分けて相続

(2)遺言書がない時・・・財産はいったん家族(相続人)全員の共有財産となる 

              ↓↓

  家族全員が集まり遺産分割協議(遺産をどう分けるか話し合い)を行ない、誰が何を相続するか決める

 

■財産を相続できるのは誰・・・?

『遺産分割協議』では、相続人全員の合意のもと、誰がどのくらい相続するのかというように各自の相続割合を決めることができます。

しかし、話合いがまとまらずトラブルに発展することも・・・。

そこで民法では、遺産分割を円滑に進めるための相続分の目安が設けてあります。

それが「法定相続分」です。

 

◎遺産分割では、相続人全員の考えが一致して初めて、各人の相続分が決定します。

遺産トラブルが発生するのは「平等」「公平」に遺産を分けるための「基準」が各相続人で違うためです。

例えば、両親の老後の面倒をみてきた、両親の面倒をみた時の出費はどうするのか・・・等。

遺産争続にならないようにしたいものですね・・・。

 

4 

エフネットでは、相続に関する相談も承っております。

「今、自分でやっておきたい相続対策」堀口敦史著より引用・一部抜粋

« 2019年10月 | トップページ