« 相続の現状セミナーを行いました | トップページ

物体の作りだす陰翳、明暗にこそ美が

本当に暑い日が続きますね。
でも、まだ7月ですよね・・・。

日中気温が危険レベルになるとは、地球も大変なことに
なってきているのだろうか・・・と考えてしまいます。

谷崎潤一郎の名作で「陰翳礼讃」がありますが、
美しい写真とセットになった「陰翳礼讃」が出版されています。

谷崎氏の感じる数々の“日本の美”が見事に
写真とマッチしている気がします。
また、写真があるがゆえに読みやすい・・・。

文章の中に、
「美は物体にあるのではなく、物体と物体との
作りだす陰翳のあや、明暗にあると考える」
とあります。

日本文化の奥深さが感じられます。

この作品自体がみずみずしい文章でつづられ、
今なお古さを全く感じず、素晴らしいと思います。

写真を眺めるだけでも、少し暑さがやわらぎました。

P7180600

« 相続の現状セミナーを行いました | トップページ

01. Art」カテゴリの記事

06.2. 文学」カテゴリの記事