« ホセ ムヒカ元大統領 | トップページ | 磐田市東新町 I様邸上棟 »

ちいねり(小祢里)のにぎわい

お祭りシーズンですね。

9月の中旬、掛川市横須賀の街に入ると、聞こえてきました、
太鼓や笛の音が。

9月17,18日に遠州横須賀では秋のお祭り「ちいねり(小祢里)」が
ありました。

ここの街のメインのお祭りは、なんといっても春の三熊野神社大祭。
静岡県無形文化財にもなっています。

じゃあ、ちいねりは?というと、

この街の中学生以下の子ども達で祢里をひくお祭りです。

なーんだ・・・

いやいや、なーんだ、ではございません。

これがなかなか迫力のあるものでございます。

ちいねりは、準備から太鼓のお稽古、当日の運営まで
子ども達で行われるそうです。大人はあくまでもサポート役。

これは全国的にも珍しいことなんだそうです。

お祢里(屋台)は、子ども用にやや小さめですが、
日曜日の千秋楽まで、春の大祭と同じようなメニューを
こなすようです。

土日と朝早くからハードスケジュールながら、主役の彼らは一生懸命です。
なんてったって若いですしね。

そして、太鼓も上手!
リズム感から力強い打ち方から。

外部の私達からしたら、他市のお祭りの太鼓より上手なのでは??と
思ったくらいです。

こうやって、お祭りの伝統が大人から若い世代へ受け継がれていくのだなと
思いました。

P9171569
                          “したした~”という掛け声で

P9181591                          雨が降りそうだったので、ビニールをつけて

P9181635                          風情ある夜の横須賀の街

P9181596

ちいねり(掛川市ホームページより)

« ホセ ムヒカ元大統領 | トップページ | 磐田市東新町 I様邸上棟 »

05.4. 掛川市」カテゴリの記事

06.1. 文化、音楽」カテゴリの記事