« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

景色のある環境

以前、中日新聞でのコラムでこんなことが書いてありました。

“環境という言葉は、案外わかりにくい言葉だ。
今日では自然環境を意味することが多いけれど、
雇用環境、労働環境、教育環境、家庭環境、地域環境などと
様々な内容で用いられている。
共通していえるのは、環境はひとつの景色をつくりだすということ
である。”

自然環境は、自然の景色や、自然と人間の関わり合いの景色だったり、
社会環境は、人と地域とのかかわりあいの景色だったり・・・。

現在の政治は、どんな景色をつくりだそうとするのかが見えない、
景色が無視された経済成長論だとのこと。

確かに自然の景色が無視された自然環境にいても不自然・・・。

景色のない○○環境は、無機質で殺伐としてしまいます。

モノトーンだったらどうなんだろう??
白か黒かはっきりさせなきゃいけないのかなぁ。。。
だからって、グレーがあっても・・・・。

それぞれの環境は、バラバラのようで、景色をつくりながら
つながりがあるんだと思います。

磐田も豊かな景色のある環境であってほしいものです。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »