« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

スーパーで

先日、あるスーパーへ行った時、
“スーパーってこんなにうるさかったっけ?”
と改めて思いました。

大音量の繰り返し音楽がドンドン、宣伝用のテレビがガンガン。
“うるさいなぁ”と皆思わないのかなぁ・・・とふと感じました。

これは、オモテナシノクニ、ニッポンなのか・・・。

また、皆、“スーパーってそんなものよ”、と慣れてしまったのかな。

慣れってすごいですね。

“他の国はこんなにうるさかったっけ?”

うーん・・・思い出すことができません。

記憶って案外あてになりませんね。

しかし、かすかな記憶をたどると、ヨーロッパではこんなに
うるさかったような気はしませんが、どうでしょうか・・・。

少なくとも、まだ記憶が新しいほうに入るフィンランドのヘルシンキでは、
静かでした。
もちろん、落ち着いた雰囲気とスタイリッシュな雰囲気をもつ都会ですが。

市場はというと、にぎやかですよね。
色んな声が飛び交っています。
でも、市場の場合は、人と人とのやりとりでエネルギーに満ちていますから
無機質な大きな音が流れるのとは違う気がします。

大きなお腹を抱えた女性でしたら、お店の大音量は胎教に悪い
と思ったりしないのかな、と感じたのですが、
生まれた子がその大音量に既に慣れていれば、なんてことは
ないのかもしれないですね。

私は、もう少し静かなほうが落ち着いて買い物が出来そうですが・・・。

Pb200879                            ヘルシンキで

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »