« ハーモニーが心地よく、美味しい静岡育ちの和牛 | トップページ | 緑や公園の存在 »

坂茂さん、リサイクルできる紙管を使った建築

建築界のノーベル賞としてのプリツカー賞を今年受賞した坂茂さん。

今、注目されている建築家ですね。

先日、NHKのスーパープレゼンテーションで坂茂さんの
プレゼンテーションがありました。

見ていて、彼の熱意、ユーモアを備えた人柄が伝わってきました。

坂さんは、再利用、リサイクルできる紙管を使った建築を多く
手がけています。

紙!?って思いますよね。

紙はすぐダメになってしまうではないか?等と、そんな貧弱な発想しか
できない私は、凄いなぁって尊敬してしまいました。

現在、坂さんは色々な国の被災地に行き、仮設住宅の建築・建設に
関わっています。

あまりお金をかけず、現地のものを使い、リサイクル可能、
そして恒久的に利用できるものとしての建築を進めている坂さん。

東日本大震災の被災地では、プライバシーを考慮した紙の仮設住宅を
つくりました。

日本だけでなく各国をまわり、一生懸命な坂さんの人柄、新しい発想の
建築哲学、そして建築技術…ホントに素晴らしい!と思いました。

坂茂氏プリツカー賞受賞の記事
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20140324/656349/?ST=print

TED スーパープレゼンテーション(日本訳つき)より坂茂氏
http://www.ted-ja.com/2013/11/shigeru-ban-emergency-shelters-made-from-paper.html

TED スーパープレゼンテーション(NHK放送)より坂茂氏
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/140514.html

« ハーモニーが心地よく、美味しい静岡育ちの和牛 | トップページ | 緑や公園の存在 »

01. Art」カテゴリの記事

02. 建築」カテゴリの記事