« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

ヘルシンキで

ムーミンやオーロラ、サンタクロースで有名なフィンランド。
名古屋からも直行便のフィンエアーが出ていて、片道約7時間程で
行ける場所でもあります。
ヨーロッパへの乗り継ぎ場所としてもよく使われていますね。

以前、冬が始まる少し前に数日、ヘルシンキを訪れたのですが、
古いものと新しいものが上手く調和した整然としたきれいな街だなぁ、
先進国だなぁと感じました。

また、デザインセンス、配色センスの効果も大きいのか、整然と
しているのに無機質な感じはあまりしませんでした。
人々も親切で大人の感じを受けました。

日本では、いたる所に音や情報があふれています。

駅や電車の中でのアナウンス、スーパーに行けば大きな音で
宣伝用の曲が繰り返し流れていたり、色んなお店からガンガンと
様々な曲が聞えてきます。
容赦ないですよね。

ヘルシンキへ行って感じたのは、都会なのに、ごちゃごちゃした
余分なものもないし、余分な騒音もない・・・。

それがとても居心地良く感じることとなりました。

静けさを愛するフィンランド人なんだなぁと思いました。

Pb180759

                              駅の構内

Pb190781

                            鮮やかな生花が並ぶお花屋さん

Pb190831

                             図書館 デザインが素敵ですね

Pb190826

                            図書館で本を読んでいる人達
                            このリラックス感・・・本好きにはたまらないですね

Pb200879

エフネットブログ:フィンランドとアルヴァ・アールト
http://f-net.cocolog-enshu.com/blog/2014/04/post-8faf.html

フィンランドとアルヴァ・アールト

北欧家具、北欧デザインは、日本では静かなブームとも言えるほど
人気が高いですね。

映画「かもめ食堂」の影響も大きいと思います。

アルヴァ・アールトといえば、フィンランドを代表する近代建築家。
彼が奥さんと立ち上げた会社 Artekの家具は世界から高い評価を
得ていますね。

家具を見ると、余分なものをそぎ落としシンプルにしながら、飽きが
来ないどころか使うほどに愛着がわく優れたデザインセンス、品質の
高さ、空間になじむ存在感を感じることができます。

フィンランドの木材を利用し、温もりのある製品であることも人気の
秘密ですね。

ヘルシンキの街並みを見ても、余分なもの(騒音も含めて)がなく、
デザインセンスの優れた建築物やお店が立ち並び、整然として
さすが先進国だなぁととても感心したことを思い出します。

フィンランドは、豊かな人材が国を豊かにするとの考えから
随分前から、考える力・それぞれの個性を伸ばす教育に力を
入れていて、教育の質の高さにも注目されています。

あらためて、国の豊かさについて考えさせられます。

Pb170596

                           アアルトの自宅
                           自宅内↓

Pb170620

Pb170629

Pb170652

Pb170658

Pb170660

Pb170678

Pb210897

                                                            アルテックの店の中、おしゃれ・・・

Pb210892

Alvar Aalto Museo http://www.alvaraalto.fi/

アルテック http://www.artek.fi/

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »