« 建築の基本は囲うことと支えること | トップページ | ゴシック建築の“囲む” »

静岡市美術館のシャガール展

先日、静岡市美術館のシャガール展に行きました。

思ったより盛り沢山でした。
興味がある方は是非観に行かれると良いかと思います。
3月30日までやっています。

色彩の詩人と言われるシャガールの実物の絵を目の前にすると、
やはり、鮮烈な色彩調和や迫力にうわぁーと圧倒されます。

今回は、パリのオペラ座天井画の下絵やヨーロッパの大聖堂、
大学等の公共機関の下絵等が主でした。
また、ユダヤ人であるシャガールの宗教建築の絵もありました。

色使いも美しいですし、愛と平和をモットーとする彼の絵は、観る者を
幸せな気分にさせてくれます。

オペラ座の天井画も観たらきっと凄いでしょうし、実際のステンドグラスの絵は、
注ぎ込む太陽の光がキラキラと輝いて美しいだろうなぁと思いました。

Dscf5122

静岡市美術館
http://shizubi.jp/exhibition/future_140102.php

« 建築の基本は囲うことと支えること | トップページ | ゴシック建築の“囲む” »

01. Art」カテゴリの記事