« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年10月

NHK世界ふれあい街歩き ジローナ

先日、NHKの世界ふれあい街歩きで、スペインのジローナの街を映していました。
バルセロナから電車で1時間ちょっとの所にあるカタルーニャ地方の小さな街です。

近年注目度を増している観光地だそうですよeye

美しい街並みが続く中世の旧市街、多くの歴史的建造物、地中海地域の温暖な
気候のためか情緒的な街は明るく、人々がどこかのんびりしていて、穏やかで
明るくて気さくな感じでした。

その街にいるだけで楽しいだろうなぁ、住んでみたいなぁと、映像を見ながら
想像をふくらませたくらいです。

紀元前にローマ人が住み着いたこの街は、交易地としても栄えました。
ユダヤ人も一時住んで街を繁栄させたり、フランスとの国境近くということで戦争の
影響も強く受け、城壁を築いて都市を守ったり、長い歴史を刻んでいます。

ロマネスク様式やバロック様式、ゴシック様式等、様々な建築物を観ることができ、
ヨーロッパ最古の一つといわれている大きなタペストリーも必見だそう。

街歩きで偶然出会った人達が熱心に話している様子で、この街を愛している
様子が伝わってきました。
それって、とても幸せなことですね。(^-^)

ジローナから少し足を延ばすと、あの鬼才画家サルバドール・ダリが
住んでいた街カダケスがあります。
こちらは地中海に面した、白い家が並ぶ街。

11月7日(木)午後0時~ BSプレミアムでジローナの再放送があるようです。

NHK世界街歩き ジローナ(スペイン)
http://www.nhk.or.jp/sekaimachi/detail/arukikata/131029.html

ジローナのサイト
http://www.girona.cat/turisme/eng/index.php

カダケス
http://www.visitcadaques.org/index.php?lang=uk

ドアはどちらに開く?内側?外側?

玄関のドア、トイレのドア、部屋のドアはどちらに開きますか?

内側?外側?

欧米では、ご存じの方も多いと思いますが、基本的に【内側】に開きますね。

私も、随分昔の若い頃に聞いたことがあり、“そういえばそうだ”と
納得した覚えがあります。

多民族国家で、領地争いの絶えなかった時代を持つ欧米では、
【自分の身は自分で守る】という精神があり、
部屋のしきりが襖や障子だった日本とは背景が違います。

見知らぬ人が訪ねて来て、突然無理やり家に入ろうとしたら・・・

ドアが外側に開く場合は、とにかくドアノブの引っ張り合いです。
助っ人がいたとして、大きなかぶを引っ張る時のように連なってくれても
ドアノブ担当者の腕の力がないと、なかなか勝てません。

そのうち、ドアノブが、からんころん・・・と取れてしまうかも (゚o゚)。

ドアが内側に開く場合は、とにかく体全体で押す。人数がいれば、
力も増します。そして、ドア自体も自分を守る道具となってくれるわけです。

トイレにしても、ある意味無防備なわけですから、いきなり外側から
脅かされてドアをひっぱられたら、困りますね。

え?用を足すのが先?、ドアをひっぱるのが先?

なんて、考えているうちに、どちらも中途半端になってしまうかもしれません。

欧米では、洋式トイレということもありますが、公衆トイレで下が空いている
場合が多いですね。
これも、人がいるかいないかわかるように、また、いざという時逃げられる、
という安全対策ですね。

でも、下が空いているのも、不審者が入ろうとしたりして危ないのでは・・・?

そういう時は、叫ぶ、蹴る、踏んづける。方法はあります。

自分の身は自分で守る、です。

そう思うと、日本の安全性はまだまだ高いんですね(^o^)。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年12月 »