« 静岡県立美術館 草間彌生さんの魂とエネルギーが詰まった絵 | トップページ | ゆっくり訪れてみたい郡上八幡 »

いずれアヤメかカキツバタ

“いずれアヤメかカキツバタ”
どちらも優れていて選ぶのに迷う、ということです。

源頼政が、美女二人の中から菖蒲前を選ぶように命じられた時に
詠んだ和歌が基になっているそうです。

源頼政のセンスが素敵ですね。

どのような美女だったんだろう・・・??
きっと可憐で秘めた美しさを持つ人達だったんでしょうね。

“あっはっはー”と笑うようでは、“来年咲き直してみたらいかがでしょうか”
という歌が達筆な字で送られてきそうです。(^^;)

花菖蒲、アヤメ、カキツバタ・・・。

どれも美しくてよく似ていますが、どれがアヤメで
どれがカキツバタか区別が難しいですね。

掛川市にある、1ヘクタールもの広大な敷地内の加茂花菖蒲園。
色んな色の花菖蒲が咲き誇り、圧巻でした。
紫、薄紫は美しいですね。初夏らしさを感じます。

それぞれの花は、ただただ自分の生命を全うしているだけですが、
咲き誇る姿に、見る人達はきっと心動かされずにはいられないと思います。

6月末までが見頃だそうです。

Dscf4924

Dscf4920

Dscf4935

                            アジサイは、咲き途中に小宇宙を感じます
                            グラデーションがかかっていると
                            綺麗ですね。

Dscf4937

                             シトシトと降り注ぐ雨がよく似合いそうな
                             見事なブルーです。

掛川 加茂花菖蒲園
http://www.kamoltd.co.jp/kakegawa/en.html

« 静岡県立美術館 草間彌生さんの魂とエネルギーが詰まった絵 | トップページ | ゆっくり訪れてみたい郡上八幡 »

03.1. 季節、自然」カテゴリの記事

05.4. 掛川市」カテゴリの記事