« 桜の花の命は短い、でもその儚さがまた美しい・・・ | トップページ | 磐田市東新町での「東新横丁朝市」 大盛況!次回は5月19日 »

Iron lady 英国初の元女性首相が亡くなられて・・・

4月8日、元英国首相のマーガレット・サッチャーさんが
脳梗塞により87歳で亡くなられました。

「ゆりかごから墓場まで」と言われていた高福祉社会のイギリスの
産業が国際競争力を失い、経済が衰退していた頃に就任した
サッチャー氏。

強力な市場主義導入で、経済の立て直しを図りましたが、
彼女の極端な政策には賛否両論ですね。

鉄の女」と呼ばれていましたが、上に立ち、国の経済を根本から
立て直そうとする強い意志があったからなんでしょうね。
凄いです。

そういえば、昨年、メリルストリープ主演の映画で
「マーガレットサッチャー鉄の女の涙」が公開されました。

観ていませんでしたので、観てみたいと思いました。

スクリーンにおける存在感と繊細な感情動きの表現力も抜群の、
非常に高い演技力を持つメリルストリープが、この映画で
アカデミー主演女優賞を獲得しています。

Thatcher                                シネマトゥデイより

映画「マーガレットサッチャー 鉄の女の涙」予告編より
http://www.cinematoday.jp/movie/T0011982/video/1325

映画に関するメリルストリープのインタビュー (日本語字幕付き)
http://www.cinematoday.jp/movie/T0011982/video/1506

マーガレットサッチャーさんの姿勢は、メルケル首相や、ヒラリー・クリントン
元米国国務長官にも受け継がれていると言われています。

ヒラリーさんは、来年に書籍を出版するそうですが、早くも周りは、
ヒラリーさんの次期大統領選出馬への期待で賑わっていて、
人気が高まっているようです。(ご本人はまだノーコメントみたいです)

医療や女性の権利、人権についても、随分前から国際フォーラム等で
スピーチしているヒラリーさんですので、活躍に対する人気・支持も
高まるでしょう。

彼女の話す英語は、落ち着いたとても聴きやすい英語だと思いました。
(自分の理解度はまた別問題ですが・・・)

ちなみに彼女は、前回の選挙戦では、「Clinton」ではなく、ファーストネームの
「Hillary」で戦っています。

弁護士時代は勿論のこと、ファーストレディ時代にも、自分の旧姓を入れて名乗ると
公に宣言し、「ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Roadham Clinton)」と
名乗っています。 

年末に血栓が原因で緊急入院したり、想像以上の多忙さとストレスの多い
生活でしょうけど、ヒラリーさんの今後の活躍が楽しみです。

« 桜の花の命は短い、でもその儚さがまた美しい・・・ | トップページ | 磐田市東新町での「東新横丁朝市」 大盛況!次回は5月19日 »

06.1. 文化、音楽」カテゴリの記事

06.3. ちょっと感じたこと」カテゴリの記事