« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

「花は人の心」 遠鉄デパートでの花展

11月1日~6日まで浜松市の遠鉄百貨店新館8階で、「いけばな小原流展」が
開催されていました。

新館での花展見学は初めてですが、すっきりとしてきれいでいいですね。

いただいた出瓶者リストの「ごあいさつ」に、
“「花は人の心」という言葉があります。花をいけるとき、
花を見つめ感じる感情や理想とする美しさを花に探し、花に託して表現
することです”と書いてありました。

造花は生花に勝てません。寿命の限られたはかない美しさがあるからでしょうね。
花をいける時は、花に美しさを探します。その探している過程が大切なんだろうなと
思いました。

Dscf4312

             入口でお出迎えをしていただいた豪華な花。

Dscf4315

              家元 小原広貴氏の作品。
              テーマは、「月と対峙する花」
              後ろは太陽をイメージしているのでしょうか・・・。
              近くでみるととても大きく圧倒されます。
              しばらく向かいあってみると想像が広がります。
              故岡本太郎氏を意識しているのかも・・・?
        Dscf4320

Dscf4326

              華やかな花達ですね。どの個性も魅力的です。

Dscf4328

Dscf4323

              落ち着いた大きな存在感

Dscf4329

             大きなケイトウ(鶏頭)が真ん中で楽しそうです。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »