« ロンドンオリンピックですね・・・大英博物館も注目 | トップページ | 新潟 古民家改装による、赤・青・緑・紫の部屋がある宿泊施設「夢の家」 »

新潟 アートトリエンナーレ 「人間は自然に内包される」

新潟の大地の芸術祭が始まりました!

新潟の静かで美しい景色と現代アートの融合で、五感が刺激されます。

「大地の芸術祭」は、越後妻有地域の里山を舞台に3年に1度開催される
世界最大の国際芸術祭です。

「人間は自然に内包される」

大地の芸術祭に貫かれているコンセプトだそうです。

http://www.echigo-tsumari.jp/about/overview/

越後妻有の地域は、人間と自然がどう関わっていくかという可能性を
示すモデル地域となることを目指して、このプロジェクトを進められて
いるそうです。

国内・海外で活躍する様々なアーティストの作品を見れますが、
作品が多くて広範囲なので、見たいものを絞るか、ツアーを利用するか・・・。

沢山見れなくても、素晴らしい温泉もありますので楽しみ方は自由自在♪

アートプロジェクトに参加する、地域の方達の素朴で親切な対応も
来て良かったなぁと思えました。

美しい里山と地域の特徴を活かした街づくりのあり方としても、考える
きっかけになると思います。

Dscf4116塩田千春さんの作品で、廃屋を利用しています。
http://www.echigo-tsumari.jp/artist/chiharu_shiota

Dscf4114

Dscf4113   

Dscf4112 「家の記憶」というタイトルで、毛糸をクモの糸のようにはってあるのですが、
 この毛糸の長さはトータルして44キロあるそうです。

Dscf4174 ご存知の方も多いですが、草間弥生さんの作品

Dscf4175

まつだい雪国農耕文化村センターで
http://www.echigo-tsumari.jp/artwork/no_butai_snow-land_agrarian_culture_center_matsudai
Dscf4178

Dscf4172 羊がいますね・・・。
近くで見てもかわいいです。

« ロンドンオリンピックですね・・・大英博物館も注目 | トップページ | 新潟 古民家改装による、赤・青・緑・紫の部屋がある宿泊施設「夢の家」 »

01. Art」カテゴリの記事