« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

NHK 復興支援ソング「花は咲く」

NHKで、東日本大震災復興支援ソングとして「花は咲く」の放送を開始しています。
作詞は岩井俊二さん(仙台市出身)、作曲 菅野よう子さん(宮城県出身)で
歌唱出演は被災地出身・あるいはゆかりのある歌手・タレント・スポーツ選手等です。

著作権料等は被災地に届けられるそうです。

先日、NHKで一部を放送していましたが、とても良い曲で、心に響く曲だと思います。

地震大国の日本で、しかも東海地区に住む私達は、この先、いつ来てもおかしくない
大震災が起こった時を想像するととても他人事ではありません。

いい音楽・いい曲は人の心を豊かにし、生きていく支えにもなります。
東北の方々にとっても生きていく支えになってほしいと願うばかりです。

「花は咲く」ミュージックダイジェスト↓
http://www.youtube.com/watch?v=_RwTct8K2JM

http://www.nhk.or.jp/ashita/themesong/

放送予定だそうです・・・。(NHK HPより)

BS1 2012年8月26日(日) 午後11時45分~
BSプレミアム 2012年8月28日(火) 午前10時55分~
BSプレミアム 2012年8月30日(木) 午前11時55分~
BS1 2012年8月31日(金) 午前3時45分~
BS1 2012年9月2日(日) 午後0時45分~

新潟 古民家改装による、赤・青・緑・紫の部屋がある宿泊施設「夢の家」

あわただしい現代生活の中で「自分自身と向き合うために、夢を見てほしい」
との願いから生まれたマリーナ・アブラモヴィッチによる宿泊体験型作品、とのこと。

現在開催されている、新潟トリエンナーレ「大地の芸術祭」で見学することが出来ます。

赤、青、緑、紫の部屋があり、それぞれの色の服を着て眠りにつく・・・夢をみるための
宿泊施設です。
築100年を超す民家を改修してつくられたそうです。

赤い服を着て、赤い部屋で寝たらどんな夢を見るのでしょうか・・・??
私だったら怖い夢を見て、ぐったりして起きそうですが・・・。
見た夢を書くノートも用意されているそうです。

夢を見ずに過ごしてしまったら・・・熟睡できたということで良いことかもしれません。

Dscf4161 静かな里山にあります。

Dscf4151 薬草の入ったお風呂

Dscf4155 赤い部屋

Dscf4156 緑の部屋

Dscf4157 1階には居間や台所があります。

大地の芸術祭 「夢の家」
http://www.tsumari-artfield.com/dreamhouse/

新潟 アートトリエンナーレ 「人間は自然に内包される」

新潟の大地の芸術祭が始まりました!

新潟の静かで美しい景色と現代アートの融合で、五感が刺激されます。

「大地の芸術祭」は、越後妻有地域の里山を舞台に3年に1度開催される
世界最大の国際芸術祭です。

「人間は自然に内包される」

大地の芸術祭に貫かれているコンセプトだそうです。

http://www.echigo-tsumari.jp/about/overview/

越後妻有の地域は、人間と自然がどう関わっていくかという可能性を
示すモデル地域となることを目指して、このプロジェクトを進められて
いるそうです。

国内・海外で活躍する様々なアーティストの作品を見れますが、
作品が多くて広範囲なので、見たいものを絞るか、ツアーを利用するか・・・。

沢山見れなくても、素晴らしい温泉もありますので楽しみ方は自由自在♪

アートプロジェクトに参加する、地域の方達の素朴で親切な対応も
来て良かったなぁと思えました。

美しい里山と地域の特徴を活かした街づくりのあり方としても、考える
きっかけになると思います。

Dscf4116塩田千春さんの作品で、廃屋を利用しています。
http://www.echigo-tsumari.jp/artist/chiharu_shiota

Dscf4114

Dscf4113   

Dscf4112 「家の記憶」というタイトルで、毛糸をクモの糸のようにはってあるのですが、
 この毛糸の長さはトータルして44キロあるそうです。

Dscf4174 ご存知の方も多いですが、草間弥生さんの作品

Dscf4175

まつだい雪国農耕文化村センターで
http://www.echigo-tsumari.jp/artwork/no_butai_snow-land_agrarian_culture_center_matsudai
Dscf4178

Dscf4172 羊がいますね・・・。
近くで見てもかわいいです。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »