« ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」 | トップページ | アルハンブラ宮殿 写真がきれいで・・・ »

オルセー美術館と吉岡徳仁さんの作品

NHK BSプレミアムで、先日、オルセー美術館改装とルノワールの絵の

魅力について放送されていました。

その中で、オルセー美術館の印象派ギャラリーに置いてあるベンチは、

日本人の吉岡徳仁さんの作品と紹介していました。

世界中から多くの人々が数々の名画鑑賞に訪れる、フランスのあの

オルセー美術館です。ルノワール、モネ、マネ・・・印象派を好む日本人には

ルーブルに次いで、やはり憧れの美術館です。凄いことですね!

番組の中で、吉岡さんが、名画を引き立たせるために、自分の作品(ベンチ)を

目立たなくしている・・・ようなことをおっしゃっていました。

確かに、ガラスのベンチが美術館の壁の色と照明の中で、静かに存在している

という“存在感”は十分にありながら、存在を主張しない・・・。

素晴らしいですね。引き算による美とも言えるのでしょうか・・・。

日本人の心が反映された作品なのでは、と勝手に思っています。

Photo

                  (吉岡さんのHP、“NHKBS 極上美の饗宴”より)

ちなみに、作品は、「Water Block」で、オルセー美術館のホームページでも

紹介していました。

http://www.musee-orsay.fr/en/events/towards-the-nouvel-orsay/span-classitaliquenoirwater-blockspan-benches.html

Photo_2

吉岡徳仁さんのホームページ http://www.tokujin.com/

« ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」 | トップページ | アルハンブラ宮殿 写真がきれいで・・・ »

01. Art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581725/54196540

この記事へのトラックバック一覧です: オルセー美術館と吉岡徳仁さんの作品:

« ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」 | トップページ | アルハンブラ宮殿 写真がきれいで・・・ »