06.2. 文学

物体の作りだす陰翳、明暗にこそ美が

本当に暑い日が続きますね。
でも、まだ7月ですよね・・・。

日中気温が危険レベルになるとは、地球も大変なことに
なってきているのだろうか・・・と考えてしまいます。

谷崎潤一郎の名作で「陰翳礼讃」がありますが、
美しい写真とセットになった「陰翳礼讃」が出版されています。

谷崎氏の感じる数々の“日本の美”が見事に
写真とマッチしている気がします。
また、写真があるがゆえに読みやすい・・・。

文章の中に、
「美は物体にあるのではなく、物体と物体との
作りだす陰翳のあや、明暗にあると考える」
とあります。

日本文化の奥深さが感じられます。

この作品自体がみずみずしい文章でつづられ、
今なお古さを全く感じず、素晴らしいと思います。

写真を眺めるだけでも、少し暑さがやわらぎました。

P7180600

読む力を育てる

先月、磐田図書館で、子どもの読書についての講演会がありました。

不思議のアリス等の翻訳も手がけている脇明子先生のお話でした。

「質の良い読書」は、
 ・生きる力の基礎となる
 ・想像力、記憶力、思考力を育てるのに役立つ
 ・自分を客観的に見る、メタ認知能力を育てる
 ・書く力を育てる

とのことです。

もう一つ、なるほどなぁと思ったのがありました。

アニメ、ゲームなどでの刺激の強いメディアは現実世界では
得られない【ワクワクする興奮と万能感】を与えてくれる。

簡単に得られる興奮と万能感はどんどん目減りして、さらに
刺激の強いものを求めるようになり、現実世界が退屈になり
仮想世界にはまっていく危険性があるとのことです。

これは、アルコールや麻薬、ギャンブル依存のメカニズムと
同じでこのサイクルにはまると抜け出すのは難しい。

ゲームや携帯電話の機能がどんどん高度化し、そういった
業界は子ども達をいかに取り込むか考えています。

子どもは実体験を積む貴重な時期だと思います。
そして、読書が内面を豊かにしてくれると思います。

メディアへの関わり方による危険性についても考えさせられました。

ぴったり、しっくりの適材適所

金田一秀穂さんのエッセイでの、寺社建築会社社長とのお話から「ぴったり」
と思ったというお話。

建物を造るときに四隅の柱が重要。まずこれを選ぶところから建築は始まる。

建物の南側に使われる柱は、その森の南側に生えていた木を使い、北側に
生えていた木は北側の柱として使う。その際、生えていた向きも重要。

四隅に、生えていた時と同じような状態で柱を立てる。

建物はそこで森になる。
森の中と同じように生き続けることになる。

森で生えている一番いい木を四本選んできて使えばいいではないかと思うが、
それではだめなのだそう。

「適材適所」という言葉にまさにぴったりの状況。

ある場所に、いかにもそこに適う人がいる時、他人は「ぴったり」という。
ある場所がぴったりだなと自分が思ったとき、自分は「しっくりする」と思う。

東側の柱になった東側に生えていた木は、多分、しっくりしているに違いない。
間違って使われた木は、きっと憂鬱であるに違いない・・・。

とのこと。

適材が適所におさまると、「ぴったり」して、しっくりするんですね。

私達も、自分たちの素質をまず見極めないと始まらないのかなぁ・・・。

案外「適材適所」って難しい。。。

Dscf4880

レット・イット・ビー

Let it be

レリビー レリビィ レリビ~ レリッビィ~

ビートルズの名曲です。
ピアノから静かに始まるサウンドがいいですね。

いつ聴いても聴き入ってしまい、口ずさんでは何度も聴きたくなります。music

70年の曲ですが、タイムリーに聴いていなくても、多くの人が
この曲を聴くと、なぜか懐かしい郷愁感に浸ったり、励まされたり
するのではないでしょうか。

Let it beの“be”は、見た通り、Be動詞の原型です。
主語が、私、あなた、彼ら、それ・・・・なんであろうと、状態・存在を表す
Be動詞の原型はbe

“~である、~になる”などと訳されますが、つまり、存在する・しているって
いうことですね。過去でも現在でもない。

Letは、させる、~することを許す、仕向ける、というような意味。

Let it beは
“それをそのままの状態として存在することを許しなさい、受け入れなさい”
(強い命令ではない)
→あるがままに、なすがままに

という意味になると思いますが、“Let it be” って大きくて深いですね。

wisdomは、賢明、知恵などを意味し、形容詞はwiseで賢明な、思慮深い等です。

一見シンプルな歌詞ですが、器の大きい歌でやっぱり名曲です。

When I find myself in times of trouble      
Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom
Let it be

And in my hour of darkness
She is standing right front of me
Speaking words of wisdom
Let it be

Let it be, Let it be
Let it be, Let it be
Wisper words of wisdom
Let it be

And when the broken hearted people
Living in the world agree
There will be an answer
Let it be

For though they may be parted
There is still a chance that they will see
There will be answer
Let it be

Let it be, Let it be
Let it be, Let it be
There will be an answer
Let it be

悩み苦しんでいるときには
母なるマリアが僕を訪れ
知恵ある言葉をかけてくれる
なすがままに

闇に包まれているとき
彼女はぼくのすぐ目の前に立ち
知恵ある言葉をかけてくれる
なすがままに

なすがままに、なすがままに
なすがままに、なすがままに
知恵ある言葉をささやくがいい
なすがままに

打ちひしがれた人たちが
この世界で心をひとつにしたとき
きっと答えは見つかるだろう
なすがままに

たとえ今は別れ別れでも
いつか会える日がくるかもしれない
きっと答えは見つかるだろう
なすがままに

なすがままに、なすがままに
なすがままに、なすがままに
きっと答えは見つかるだろう
なすがままに

(「The Beatles 1」より)

レット・イット・ビー Let it be (The Beatles)
http://www.youtube.com/watch?v=MSru1jYhZJ8

フェーン現象ではなくて、「ふーん現象」

まだまだ、暑い日が続きますね。

「ふーん現象」て・・・。

星新一さん著のショートショート『おかしな先祖』にある「ふーん現象」より、
大まかなあらすじです。

ある医師のところに、おかしな患者達が来るようになった。
変に理屈っぽいのに、自分の名前はぼやけてよくわからないという。
呼びかけても無反応で、右から左へ抜けていく感じ。

それが、ほうぼうの病院でおこっていて、手当てをしても快方に向かわない。
よって、1つの建物に患者たちを集めて、カメラをつけて経過をみることとした。

医師たちは“何か緊張感を与えて、目を覚ませたほうがいいのではないか”
と、色んな大ニュースを作り送り込むこととした。

医:“ただいま大事故が発生し、死者多数・・・”

患者たちの反応は・・・、
“ふーん”“あんなとこにいあわせなくて良かった”
春の牛の鳴き声のようなのんびりした声。

医:“銀行が1つ倒産しました!経済界は混乱するでしょう”

患者たち:“ふーん”“政府が何とかするだろうよ”

医:“南米の奥地に空飛ぶ円盤が次々に着陸しております。皆さん慌てないように!”
患者たち:“ふーん”“来ちまったんだからしょうがないね”

医:“地球に来訪した宇宙人は地球の滅亡が近いことを告げていきました!”
患者たち:“ふーん”

医:“あなたはまもなく死にます。この診断書の通りです”
患:“ふーん”“その診断書だれのです?”
医:“あなたのですよ。ほら名前があるでしょ”
患“そうですかねぇ”

医師たちは、毒のないサソリを病院に放してみたり、サイレンや爆発音を
不意にならしてみた。

しかし、反応は・・・

“ふーん”

あらゆる手をつくした感じで、医師達は困り果てた。
また、基本方針が間違っていたのではないかという議論の最中に“ふーん”
という反応をする医師達も出てきて、患者の建物送りになった人もいたり、
医師達も混乱した。

そして、どうすることとしたのでしょうか・・・・?

“ふーん現象”の中にいても、自分ではなかなか気が付かないものですね。

情報過多な中にいて方向を見失うと、ごみのような情報の山に埋もれて
肝心なものを忘れてしまいそうです。

家の中も、情報も不要なものをため込まないほうが良さそうです。

星さんの小説は、今読んでも古くなくユーモアがあって、考えさせられますね。
話のオチは、小説を読んでみてください。(^^)/

“ふーん”

え?