06.1. 文化、音楽

遠州横須賀のお祭り

今年の遠州横須賀のお祭り(三熊野大祭)は、
残念ながら、桜の満開時とずれてしまいましたが、
華やかでエネルギーに満ちた様子を見学することが
できました。

やっぱり、見どころは日曜日最後の千秋楽。

13台のおねりが集まっていく時から勢揃いした時の
迫力と美しさ。

神聖な夜の神社に集まったおねりが、それぞれ
光を放ち、太鼓の音と重なって美しさが増します。

P4080255

P4080270

P4080280

P4080286
千秋楽で、“シャンシャンシャン、シャシャシャンシャン”が
終わった後、熱気に満ちたおねりが次々に出ていきます。

般若の舞いもとても素敵です。

ただ、寒かった・・・桜が終わったのに・・・。

等身大のひな人形

等身大のお雛様って見たことありますか?

藤枝市岡部町の岡部宿大旅籠柏屋に
ありました。

15体も並んでいると、動きだしそうで
迫ってくるものがあり本当にびっくりします。

この等身大のお雛様は、市内のひな人形職人さんが
製作し昭和44年に完成したそうです。

もう50年近くになるんですね。
凄いです。

ちなみに、三人官女は、左から10代、20代、30代
とのこと。

このお雛様が飾ってある岡部宿も歴史ある建物で
タイムスリップしたような気分になれますよ。

お雛様達に囲まれたい方は是非。

P2181097

P2181098

P2181099

P2181100

P2181105
こちらは京都御所内の御殿をかたどったもので、
江戸時代の終わり頃製作されたそうです。
古いながらも格調の高さがうかがえます。
市指定有形文化財。

遠州横須賀 三熊野神社大祭

桜が咲く中、4月7~9日に掛川市横須賀で三熊野神社大祭が
ありました。

例年のごとく、今年も雨・・・。
幸い日曜日の午後は晴れてくれました。

千秋楽ともなると、熱気と迫力が頂点に達し、すごいエネルギー。
大勢の人で賑わいます。

多分その場にいれば、部外者でも“したっしたっ”というかけ声で
体が動くでしょう。

それくらい、ひき込まれます。

なんでしょうね。

お祢里(ねり)の品のある華やかさ、ひょっとこや般若の舞、
深みのある太鼓の音、熱気と迫力の総和でしょうか。

毎年、見たい!と思ってくる方も多いかと思います。

どこのお祭りでも子供たちも小太鼓や大太鼓をたたきますが、
横須賀のお祭りは、明らかに太鼓の音の厚みが違う。

えー太鼓が違うからじゃないの?って?

太鼓の違いは多少あるかもしれませんが、和太鼓って、
ただポコポコたたくものではないからでしょうね・・・。

よく他のお祭りで、ただたたいているだけとか、紙を見ながら
下を向いて、大太鼓を一本のばちでボンボンボンって
たたいているのを見かけます。

見ていて聞いていて、あーあ・・・がっかり。

太鼓って、耳で聴いて体で覚えてたたくもので、大太鼓は
感覚をつかみながら、合いの手を入れるようにたたくものなのでは、
と思うのですが・・・。

音も響き心にも響く太鼓を代々伝えている横須賀のお祭り。

来年もやっぱり見たいです。

P4090249

P4090289
                           桜がさく三熊野神社の中へ

P4090299                          千秋楽
                          おねりが並びます。小雨がパラついたのでビニールシートがかぶっています

直虎ブームの龍潭寺

来年の大河ドラマは「おんな城主 直虎」。

井伊直虎は龍潭寺で出家したといわれていますね。

龍潭寺には井伊家の墓所もあり、歴史がつまったお寺です。

風情あるお寺を散策すると、心もほっとしますね。

観光者も多く、直虎ブームでしばらくにぎわいそうでした。

来年の大河ドラマが楽しみです。

Pb231787

Pb231777                          直虎と虎松(写真左)

Pb231780                          小堀遠州作の名園  
                        

Pb231779
浜松市観光産業部の井伊直虎サイト

ちいねり(小祢里)のにぎわい

お祭りシーズンですね。

9月の中旬、掛川市横須賀の街に入ると、聞こえてきました、
太鼓や笛の音が。

9月17,18日に遠州横須賀では秋のお祭り「ちいねり(小祢里)」が
ありました。

ここの街のメインのお祭りは、なんといっても春の三熊野神社大祭。
静岡県無形文化財にもなっています。

じゃあ、ちいねりは?というと、

この街の中学生以下の子ども達で祢里をひくお祭りです。

なーんだ・・・

いやいや、なーんだ、ではございません。

これがなかなか迫力のあるものでございます。

ちいねりは、準備から太鼓のお稽古、当日の運営まで
子ども達で行われるそうです。大人はあくまでもサポート役。

これは全国的にも珍しいことなんだそうです。

お祢里(屋台)は、子ども用にやや小さめですが、
日曜日の千秋楽まで、春の大祭と同じようなメニューを
こなすようです。

土日と朝早くからハードスケジュールながら、主役の彼らは一生懸命です。
なんてったって若いですしね。

そして、太鼓も上手!
リズム感から力強い打ち方から。

外部の私達からしたら、他市のお祭りの太鼓より上手なのでは??と
思ったくらいです。

こうやって、お祭りの伝統が大人から若い世代へ受け継がれていくのだなと
思いました。

P9171569
                          “したした~”という掛け声で

P9181591                          雨が降りそうだったので、ビニールをつけて

P9181635                          風情ある夜の横須賀の街

P9181596

ちいねり(掛川市ホームページより)

お木曳(おきひき)

「エンヤー!、エンヤー!」

美しい歌声で世界のファンを魅了する歌手のエンヤ・・・

ではなく、これはかけ声。

とはいっても、船をえっちらえっちらと、漕いでいるわけではありません・・・。

7月17日(日)に磐田市鎌田で、お木曳(おきひき)がありました。

屋台の上に神明宮造営用の木を載せて、神明宮までひっぱっていくという
イベントです。

その木というのが、伊勢神宮で使用されていたご用材。
ただの木とは違うんです(@o@)

当日は朝からジリジリとした蒸し暑さ。

200人程の方々が午前9時半に一の鳥居を出発し、鎌田神明宮境内まで
運びました。

皆さん、汗だくで「エンヤー!、エンヤー!」とかけ声をかけておりました。

今回は40年ぶりの行事とのこと。神聖な行事を見ることができて良かったです。

緑豊かな鎌田神明宮、いつまでも今のまま残ってほしいものですね。

P7172403

P7172406

                            皆さんとても暑いと思います。「エンヤー!エンヤー!」とかけ声をかけていました。                        

20160717_10_39_57_2                           神明宮境内に入ってきました
                           森に囲まれ少し涼しい^^

20160717_10_41_10

20160717_10_59_54
                           250年前の屋台だそうです。凄いですね。

 

続きを読む "お木曳(おきひき)" »

体育館で浜響オーケストラ

梅雨の時期に入り、雨の日や湿度が高くムシムシした日が続きますね。

6月5日(日)に、磐田市立神明中学校になんと、浜松交響楽団が
やってきました!

老若男女が体育館に集い、生の音楽を聴きました。

体育館でオーケストラの生演奏を聴くというのも、いいものですね。

確かに音響効果は良いとは言えません。

しかし、小さい子ども達にとっては、長い時間同じ格好をして聴くのは辛いこと。
中学生・高校生にとっては、クラシックの音楽を生で聴きに行く機会はなかなかない。
体育館なら、寝そべって聴くこともできる。
しかも、オーケストラの生演奏を、空気だけでなく床を通して、ズンズンと
体に感じることができる。

それは素晴らしい体験だと思います。

もちろん大人にとっても、気軽に聴くことが出来て有り難く、
素敵な音楽会でした。

P6051279

P6151328
                           この時期、アジサイがきれいですね。
                           事務所に飾りました。
                           雨にあたるアジサイもきれいです。

三熊野神社でお祭り

桜が咲きはじめた4月2、3日に、掛川市横須賀で
三熊野神社大祭がありました。

今年は、日曜日の夜最後に、パラパラと雨が降り出しましたが、
なんとかそこまで天気がもって良かったです。

多くの老若男女で賑わい、迫力のあるお祭りでした。

280年以上続く三熊野神社大祭。この先もずっと続いて
欲しいものです・・・。

小さい頃からサンバやサルサ等の音楽に慣れ親しんでいる
中南米人は、リズムに乗って自然に体が動きます。

横須賀の人達も、腰を落としながら“シタッシタッ”の掛け声で
練る姿が、みんな、さまになっていますね(^-^)。
体で覚えたリズム感が凄いですね。

P4020973                            神社から出てくる様子

P4020977

P4031054                             夜になると更に盛り上がります

楽器の音の振動で心地よさ

民族楽器の音に多く含まれる、高周波成分、特に私達が聴こえない領域の音は
耳に心地よさを与え、人を感動させたりするそうです。

また、CDというのは、デジタル処理の過程で、その聴こえない領域はカットされて
しまうそうです。

生で聴く音楽に感動したり、眠くなったり、涙が出たりするのはそのせいなんですねぇ。

音が実際に伝わってくる時の振動を、実際に感じるられるかどうかって大きい。

昔どこかの国を旅した時に、街角でアフリカの民族音楽を奏でている人達がいました。
太鼓の音を聴いていて、明るい音楽なのに、なぜか涙がホロホロと出てきた覚えが
あります。

太鼓の音は、赤ちゃんが母親の胎内にいるときに聴く心音の周波数に近いだとか。

安心する音なんですね・・・。

民族音楽って、その国の歴史がギュッと詰まっているような気がします。
民族の心が少しだけ分かったような気分になります。
(気分ですけどね)

はるか遠い記憶を呼び起こされるような感じもします。

人間には、そんな遠い記憶を感じとる機能がどこかに備わっているんでしょうか。

不思議です。

まずは生で、楽器の振動を感じてみようか。。。

30代は20代みたいなものではありません by Meg Jay

NHKのEテレで、月曜日の夜11時からの番組TED(スーパープレゼンテーション)を
ご存じですか?

様々なジャンルの人達が、15分前後でプレゼンテーションを行っています。

内容は様々なので、それぞれ賛否両論の内容ではありますが、どんな風に
プレゼンを行っているか見るとなかなか面白いです。

Meg Jayさんの、「30代は20代みたいなものではありません」は結構大きな反響が
あったそうで、再放送されています。

臨床心理学者のMegさんは、統計をもとに30代は20代みたいなものじゃないので、
無駄に過ごすべきではないと言っています。

人生を決定づける決断や経験、気づきの80%は30代半ばまでに起こるそうです。

“性格も大きく変わるのも20代、だから自分の変えたいところは20代のうちに変えた
ほうがいい。
そして、20代は大切な成長期であるのに大事なことを先延ばしにして、プレッシャーが
増える30代にいっぺんにやるのは難しい”とのことです。

20代にとって、成長に活かすために大切な3つのことは、

 ・自分自身の価値を高める
  (自分への投資をしてアイデンティティーを築く)

 ・友達とつるむのはほどほどに
  (気の合う同世代の仲間たちとばかりでは視野が狭くなる、新しい経験や
   出会いは離れたところにある)

 ・家族選びを始める
  (理想の相手を自分から探しに行く)

だそうです。

20代はとっくに過ぎてしまった私ですが、20代以降のどの世代でも当てはまり
そうだなぁと思いました。

TED:Why 30 is not the new 20 (※日本語訳つき)
http://www.ted.com/talks/lang/ja/meg_jay_why_30_is_not_the_new_20.html

同じですが、こちらでも↓

NHK スーパープレゼンテーション
Why 30 is not the new 20 (30代は20代みたいなものではありません)
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/131021.html